教えて!貸切バス徹底リサーチ

Home > 貸切バスについて > 貸切バスの料金や選ぶコツについて

貸切バスの料金や選ぶコツについて

 大人数で楽しく旅行するときや、移動する時に便利なのが貸切バスであり、公共交通機関のように周りの目を気にすることもなく、乗り換えなどの手間もかからないので、利用する人が多いです。
しかし貸切バスを利用するとなればきになるのは料金都度はないでしょうか。
貸切バスは高額というイメージを持っている人も多いですが、大人数で利用するとなれば一人頭の負担も少なくなるので、公共交通機関を利用するよりも安く済ませることができる場合も多くなっているというメリットもあります。
もちろん貸切バスと一口に言っても様々な種類があり、乗車することができる人の数や車内設備などによっても、必要となるトータル費用には大きな違いが生まれるので気をつけなくてはなりません。
まずは人数を把握するべきです。

 人数により利用するべきバスの大きさを決めたら、次は移動距離や使用する時間がどの程度かということを考えましょう。
貸切バス会社による違いもありますが、基本的には貸切バスの料金の中には車両代と燃料代、そして保険代とドライバー代が含まれています。
高速道路など有料道路を走行する際に必要となる料金や駐車場代、バスガイドを付ける場合などはオプション隣追加費用が発生することになるので気をつけなければなりません。
泊りがけの旅行の場合には、ドライバーやバスガイドといった乗務員の宿泊費用も追加で発生してくることになるので、思いがけず高額なトータル費用となってしまうこともあります。
宿泊込みの場合には、乗務員の宿泊先の手配もしなければならないケースが大半なので気をつけておきましょう。

 貸切バスを利用する際には、移動距離や使用時間で料金が決まることになりますが、その際に気をつけておかなくてはならないのが、乗車している時間のみではないという点です。
出車から帰車までが借りている時間ということになるので、バスから降りて観光に行っている間も料金が発生していることになります。
貸切バスを利用する際には、事前にしっかりとした見積もりを出してもらい、トータル費用を把握しておくようにしましょう。
後々トラブルにならないためにも、追加で発生するかもしれない料金がないのかということも借りる前に聞いておくべきです。
貸切バスを利用する人が増える繁忙期と、そうではない時期では同じ条件でも貸切バスを利用する料金に違いが生まれることもあるので、その都度見積もりを取るように気をつけなくてはなりません。

次の記事へ

ページトップへ