オリジナルの名刺の作成費用はどれくらい?

ビジネス用としてもプライベート向けのものにしても、デザインを自分で自由に選ぶものは全てオリジナルの名刺に該当し、両者に価格面での差は殆どありません。現在では印刷サービス自身の店舗窓口や代理店窓口で依頼するケースは減っており、ネット印刷を直接依頼するのが主流になっています。従来の自社の店舗や代理店を通じた方法よりも圧倒的な安さを誇りますから、発注枚数が少なくても費用をあまり負担すること無く、気軽に注文できるメリットを持っています。使う目的によって価格面の差があまり見られなくても、その他の要素が絡むことで発生する費用が違ってきます。まずは一般的な相場がどの程度なのか把握し、価格が変動する要素について理解を深めることから始めるのがおすすめです。

安いものなら1000円以下でも作れる

ネット印刷におけるオリジナル名刺の作り方は、自分でデータを作成したり、サービス側が用意している既成のデザインに印刷したい文字を入力して発注するのが基本です。どちらの方法を選んでも同じ価格が適用されるケースが大半です。最小ロット数として100枚から受け付けるパターンがよく見られます。当然ながら枚数が少ないほど価格が安くなりますが、モノクロと呼ばれる黒一色の印刷とフルカラー印刷では価格が異なってきますので、その点には注意しましょう。100枚の印刷でモノクロの場合、1000円以下の印刷費用になるネット印刷が圧倒的に多くなっています。安いところなら500円以下で注文できるほどです。フルカラーの場合だと少し高くなりますが、それでも500円から1000円少し超える程度です。

送料や納期のスピードの費用を考慮する

印刷料金に別途送料が発生します。枚数が少なければ200円程度の安価な送付方法を選ぶことで安く抑えられますが、宅配便が必要だと数百円程度高くなります。中には送料込みの価格でオリジナル名刺を依頼できるネット通販が存在しますから、その点を考慮して比較するようにしましょう。納期のスピードも費用に影響します。当日や翌日発送などの納期が早いサービスほど価格が高くなりがちです。モノクロの100枚印刷であっても1000円を超えてくることがあるくらいです。納期が3営業日後、7営業日後などのように遅くなるほど安く注文できるネット通販がよく見かけられますので、上手に利用したいところです。また、高級な用紙や両面フルカラー印刷を選択するといった要素の費用が反映される形で、価格が高くなっていきます。