教えて!貸切バス徹底リサーチ

貸切バスの運賃比較ができます

大人数での旅行や冠婚葬祭時の移動手段として便利なのが貸切バスですが、実際に利用するとなれば数多くの貸切バス業者の中からどこを選んだら良いのかで悩むのではないでしょうか。貸切バスによって運賃には違いがあり、よく比較してから選ぶことが大切です。

当サイトでは、安心安全な貸切バス業者を選定しているので、安い業者を探せるだけではなく安心して利用していただくことができます。簡単に探すことができるので、条件にぴったりな貸切バスをスムーズに探していただくことができます。

運賃以外にもオプションとしてつけることで必要となる料金に関しても、わかりやすく見積もりを取ることができるので、より希望に沿った貸切バスのプランで、その中からリーズナブルなものをお選びいただくことができます。貸切バス選びで悩んだ際には、是非ご利用ください。

貸切バスの達人

おすすめ度
★★★★★
サービス性
★★★★★
掲載量
★★★★★
利用しやすさ
★★★★★
満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

貸切バスの達人を利用して良いと思われることの第一に、全国1100社以上の貸し切りバス会社と契約を行っていることです。そのため、お客様の希望を聞きやすくなっていることです。全国に渡りサービスを提供されることで、安全運行と共に希望する出発地から最終到着地までを、自由に決めることが出来ます。

特に嬉しいことが、急な時の対応です。貸切バスの手配が急になった場合でも、空いているバス会社を即紹介出来る「空きバス料金問合せ」が出来ることです。リアルタイムで知ることが出来、急な対応に追われる幹事さんには最高のシステムとなっています。

バスサイズも各種に渡っています。定員45名の大型バスから、20名までのマイクロバスまで用意され、人数に合わせた適正料金が行えることになります。無駄のない費用が出来ることは、大きなメリットになるはずです。また、希望することで、サロンバスの提供も出来、幹事さんの希望に応えることも可能となっています。

バスの窓口

おすすめ度
★★★★★
サービス性
★★★★★
掲載量
★★★
利用しやすさ
★★★
満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

バスの窓口は貸切バスをお探しの方や運転手をお探しの方に役立ちます。しかも料金が明瞭なだけでなく、業界でも最安値なので、安心して依頼をすることが出来ます。また、こちらの業者さんなら宿泊や観光のコースも手配してくれるので便利です。

それからバスの窓口ならバスの手配30年、年間で3000台の実績がある業者です。大型や中型、小型やミニなど、人数や距離などによってお近くのバス会社から手配をすることが出来て便利です。しかも24時間以内に回答があるので急ぎで返答が欲しい方にも便利です。

それからバスの窓口ならWEBでの受付は24時間365日年中無休なので便利です。また、見積もりが必要な方には無料で作成をしてくれるので事前に予算を知ることが出来て便利です。

バス旅ねっと

おすすめ度
★★★★
サービス性
★★★
掲載量
★★★
利用しやすさ
★★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

今、貸切バスを利用した旅行が人気となっています。人気の理由の一番は、料金の安さと言われますが、そこには便利さも加わっていると知っておきましょう。鉄路では出来ない便利さ、それが現地へ直接行くことが出来る便利さです。時間を無駄にすることなく、目的地に着けることが人気となっています。

人気のバス旅行ですが、その手配で人気となっているのが、バス旅ねっとです。バス旅ねっとの良さは、数多くのバス会社と提携していることもあり、全国各地において利用出来る良さがあります。また混雑時期においても、相場費用の中で多くのバス会社利用が可能となっています。

社内旅行や仲間うち旅行などの時の素人幹事さんにとって非常に助かるのが、選任の担当者の存在です。旅行プランから費用まで、キチンと相談に乗り、幹事さんの意向に沿う提案も行ってくれる良さも人気となっています。

kmバス

おすすめ度
★★★
サービス性
★★★★
掲載量
★★★★★
利用しやすさ
★★★★
満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

コストを抑えて、貸切バスを利用する人が増えてきていますが、kmバスは大型バスの紹介に力を入れています。利用までの流れやバスを使用するシーンも詳しく紹介されているので、非常に分かりやすいですし、車種の数も多いです。

問い合わせや検討するときに使用するパンフレットも好きなタイミングでダウンロードすることができるので、来店しなくても、サービスの内容を把握できます。個人や法人で対応できる専門の電話番号も充実していて、気軽に相談できます。

見積りが出たら、担当者から連絡が入ります。入金は運行日の7日前に手続きをすれば良いので、忙しくても慌てる必要はありません。入金が完了したら、最終確認の連絡も取れるようなシステムも導入しています。

busket

おすすめ度
★★★★
サービス性
★★★★
掲載量
★★★★
利用しやすさ
★★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

バスを貸し切って旅行する人が、増えています。社内旅行であったり、趣味の仲間たちでの旅行が多くなってきているからです。その時、幹事役となる人の面倒臭さに、貸切バスの手配があります。貸切バスの手配を簡単に済ますことが出来る便利なものに、busketがあります。

busketは、オンラインによって24時間、どこからでも申し込むことが出来る非常に便利なバス予約が出来る所です。全国のバス会社と提携することで、いろいろな車種を選ぶことが可能となっています。また旅行だけでなく、送迎と言った方法などにも利用出来る便利なものとなっています。

オンライン利用と言うことで、面倒な書類の提出なども必要ありません。また電話などでは、人数の間違いや言葉の誤解などを生むケースもありますが、オンラインでの確認になりますので、そのような心配もいりません。間違いのない予定を組むことが出来るようになっています。

貸切バス王国

おすすめ度
★★★
サービス性
★★★★★
掲載量
★★★★★
利用しやすさ
★★★★★
満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

一時は行われなくなった社員旅行が、復活の傾向にあります。また全国的にも、バスを利用しての移動が人気にもなってきています。バス旅行が人気の理由として、企業や個人が気軽に申込出来るツーリストの存在があるからです。鉄道と言う決まった路線を走る訳でないことから、行き先や日程、旅費等において、ツーリストと交渉することが出来、遠慮なく申し出が出来る良さがあります。

また旅行者の数や希望に応じて、バスの大きさやシートの内容を変えることが出来、リラックスしたままの旅行が出来るバスも用意出来ることになっています。遠距離から近距離までのツアーの要望にも応えることが出来、結婚式やゴルフコンペの送迎から仲間うちでの温泉旅行など、幅広く利用出来るようになっています。

出発地から到着地まで指定出来るメリットがある、バス旅行です。貸切バス王国が手配する貸切バスは、全国にて利用出来ます。お客様満足度、5つ星となっていますので、自信をもって利用して欲しいものです。

年に1回は職場内の雰囲気と風通しを良くする貸切バスの懇親旅行

昨今の職場ではパソコン等、情報端末機器と向き合って仕事を進める時間が随分増えました。しかも、生産性向上を目指して効率的に働くことが要求されるため、息抜きの休憩時間でさえ無駄口をたたくことが少なくなりました。休憩中、従業員は各々、静かにコーヒー片手にスマホを見入っている感じです。また、各家庭では夫婦共働き世帯が増加したので、就業時間後には自宅へ直帰する人が増えました。そのせいか、サラリーマンが就業時間後に近くの飲み屋で宴席を設けてお互いに意思疎通を図る機会も随分と減ってしまったので、職場内の風通しが悪化したと感じている人が少なくありません。各自、就業時間内に生じた気持ちを胸に押しとどめてしまう傾向です。仕事上のことだけをすべて、ビジネスライクに進めれば良いとするムードが職場内を覆っていると仕方ないと諦めてしまうわけです。

しかしながら、社内組織が上下関係で出来上がっていても相手の立場や気持ちを考えて仕事を進めた方が良いケースも良くあるわけです。このような事情があって、普段の職場内で溜まっているもやもやした気持ちをどこかで吐き出したい人が少なからずいるはずです。この点で、中高齢の従業員の中には貸切バスで社員旅行に出かけた際に得られる上下の分け隔てない雰囲気を懐かしむ人が少なくありません。もちろん、従業員が一定人数にまとまって団体旅行に出かけるメリット、デメリットが議論されることもあります。しかしながら、職場内における意思疎通の欠如が職場内の人間関係の悪化につながっているとの指摘も無視できません。普段の職場内で生じるうっとうしい気持ちを長引かせてしまうとうつ症状増加の一因になっているとの指摘もあるくらいです。

若い従業員の中には仕事が終わったらさっさと頭を切り替えて趣味やスポーツに熱を入れる人もいます。ところが、この切り替えが上手くできず、落ち込んだ気持ちでずるずるとスランプ状態になってしまう人もいます。このようなタイプの従業員が職場に嫌気を感じて転職の道へ進んでいるとの指摘もあります。年に1回程度、若い従業員を主体にして旅行企画を作ってもらい、貸切バスに老若男女が同乗して社員旅行に出かける習慣を再開させてみることが良いかもしれません。もちろん、貸切バスが出発したら、帰着するまで皆が楽しい雰囲気になれるよう、添乗員も入れて面白い懇親企画を盛り込むわけです。旅行中に和気あいあいになれたらその後の職場の雰囲気改善に一石を投じるものがあったことは一昔前の社員旅行を思い起こせば分かります。

ページトップへ