オリジナルの名刺の作り方の紹介部屋

オリジナルで名刺を作る際の基礎知識

オリジナルの名刺を作成するときの注意点やポイントはたくさんあります。まずはサイズがとても重要です。大きさを普通じゃなくして目立たせるようにするのは簡単なことですが、もらった方が整理するときに困ってしまうようなサイズや形は避けるべきです。フォントも一見してふざけたようなフォントや可愛すぎるフォントなどは避けましょう。ビジネスの場にふさわしいフォントを選択する必要があります。レイアウトも非常に重要です。相手に必要な情報を見やすくする必要があるので、自分の名前が一番目立つようなレイアウトにする必要があります。紙質もこだわるあまり、一枚何百円もするような紙に印刷してしまうと配るのだけで赤字になってしまいますので、あまりにも奇抜な色や紙質などは避けるようにしましょう。

サイズはどのようなサイズがあるのか

日本では4号(91mm×55mm)と呼ばれる通常サイズが主流ですが、欧米は89mm×51mmサイズのものが主流です。またスリムサイズなども登場しており、色々なサイズのものが流通しているのが現状です。4号サイズを基本的な定番のサイズとして扱っているメーカーが多いため、デザインのレイアウトなども基本的にはこのサイズを使用していることが多く、オリジナルの名刺を最初に作成するときはとりあえず4号サイズを使用するのが無難といえます。サイズで個性を出したいという人は、デザインをしてくれるメーカーの人と相談をする必要が出てくるでしょう。紙質などで個性を出すことも可能なのと、あまりに変なサイズにしてしまうともらった方が整理するときに迷惑になってしまうこともあるので注意しましょう。

使用をおすすめするフォント・レイアウトとは

名刺の印象を一番大きく左右するポイントはフォントになります。ビジネスの世界で使用するものなので、あまりにもファンシーなものやビジネスの場にふさわしくないフォントは避けた方が無難です。職業がデザイナーやアーティストなどの人はおかしなフォントでも許される傾向はあります。明るい印象を与えるフォントを指定しましょう。正楷書体、MSゴシック、隷書体、新ゴProMあたりがよく使われているフォントになります。レイアウトも非常に重要です。名前、フリガナ、会社名、住所、電話、FAX、メールアドレス、携帯番号、会社のホームページアドレスなどは載せたいところです。名前を大きくして一番目立つようなレイアウトが一般的ですし、日本人には一番馴染みのあるレイアウトであるといえます。